データ連動で保育事務を効率化!「園-SiEN」の概要&導入費用

作成日 2017/07/25 更新日 2017/07/25保育園支援ナビ編集部保育園支援ナビ編集部 

保育園における「事務作業の多さ」は、保育士の離職理由にも挙げられるほど負担が大きいものです。そんな日々の事務作業を軽減する解決法として、ICTシステムが注目を集めています。このページでは、日々の保育事務や登降園管理の負担を軽くできるICTシステム「園-SiEN」についてご紹介します。保育園向けICTシステムの導入を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。


「園-SiEN」とは


「園-SiEN」とは、年間指導計画や園児台帳をデジタルデータで簡単に管理できるようになるシステムのことです。指導計画、園児台帳、個別記録などのデータをひとつのシステムで管理することにより、事務作業の短縮化ができるようになります。

「園-SiEN」でデータを管理するメリット

「園-SiEN」でデータを管理するメリットとしては、以下が挙げられます。

・データの転記や出力をスムーズに行うことができる

・書類を探す手間が省ける

・データの検索性を高められる

・災害等に備えたバックアップも行いやすくなる


このほか、データの入力補助機能や豊富なフォーマット、各書類の出力機能など、事務作業の手間を減らす機能が多く搭載されている点も魅力です。

知っておきたい提供元の株式会社「サーヴ」について

「園-SiEN」の提供元は、社会福祉施設向けのコンサルティングやパッケージソフトウェアの開発を行っている「株式会社サーヴ」です。1990年の創業以来、保育園向けのシステムの開発に尽力してきた企業ならではの圧倒的なノウハウが強みといえます。データ入力の代行やホームページ制作も行っているので、園のIT化を手広くサポートしてほしい園におすすめのパートナーといえるでしょう。


「園-SiEN」の機能~園児管理システム~


「園-SiEN」には、「園児管理システム」「登降園管理システム」という2つのシステムがあります。どちらか一方を導入することもできますし、セットで導入することも可能です。

それぞれのシステムについて見てみましょう。

園児管理システム

園児に関するデータを一元的に管理できるシステムです。主に以下の機能が搭載されています。

園児台帳

園児のプロフィールをまとめて管理できる台帳です。氏名や生年月日といった基本的な情報はもちろんのこと、問診票や家族のプロフィール、登園経路といったさまざまな情報を保存できます。自宅周辺の地図などの画像ファイルを一緒に管理できるほか、園児の日誌や個別記録もあわせて管理できることがメリットです。

卒園児台帳

卒園した園児の情報を引き続き管理できます。ペーパーレスなので、園のキャビネットを圧迫しない点がメリットです。データの破棄もスムーズに行えます。

指導計画

カスタマイズが可能なフォーマットにより、誰でも簡単に指導計画を作成できます。園児台帳とデータが連動しているため、最小限の入力で指導計画を作成することが可能です。


「園-SiEN」の機能~登降園管理システム~


もうひとつのシステムである「登降園管理システム」では、園児の出欠状況の管理や、延長保育料の集計などを行うことができます。搭載されている機能の一部をご紹介します。

登降園をリアルタイムで管理

園児の登園・降園をリアルタイムで管理します。登降園の際に、保護者に打刻機器(タイムレコーダーやタブレットなど)を使用してもらうことにより、保育士の負担を極力抑えたまま登降園の記録を取ることができます。食物アレルギーのある園児の登降園も随時チェックできるほか、人数の集計も可能です。

延長保育料の集計

登降園のデータをもとに、延長保育料の集計表や明細票を作成できます。もちろん、曜日ごと・クラスごと・個人ごとなど、各設定にあわせた出力も可能です。また、未払いの延長保育料がある保護者に対しては、不足額を上乗せした請求書を作ることもできます。

園児管理システムとあわせて利用することで、日々の事務作業の負担を大幅に軽減できる点がメリットといえるでしょう。

オプションサービスでさらに便利に

なお、「園-SiEN」とあわせて以下のオプションサービスも選べます。

・保護者へのメール配信機能などを搭載した「園-Renraku」

・シフト管理システム

・大切なデータを自動的にクラウドにアップロードする「おまかせバックアップ」

希望の業務体制をもとにオプションサービスを組み合わせてみてくださいね。


「園-SiEN」導入までの流れ&費用


「園-SiEN」を導入するまでの流れは、以下のとおりです。

1.株式会社サーヴの営業所もしくは公式サイトより問い合わせをする

※営業所:北海道、岩手県、埼玉県、神奈川県、福岡県(2017年5月時点)

2.園に訪問した担当者よりシステムの説明を受ける

3.導入までのスケジュールや費用、希望のオプション等について打ち合わせを行う

4.希望日にシステムを導入する


「園-SiEN」の導入費用

「園-SiEN」の導入にかかる費用は、導入予定の園の規模やオプションによって異なります。

以下に一例をまとめましたので、参考にしてみてください。

【システム導入費】

園児管理システム900,000円(税別)
登降園管理システム600,000円(税別)


【オプション】

「園-Renraku」メール配信機能月額3,000円
「園-Renraku」掲示板機能月額2,000円
「園-Renraku」連絡帳機能月額3,000円
「おまかせバックアップ」月額2,000円~

上記は初期設定・システム使用説明・5年間の保守費用込みの価格です。保守期間(システムバージョンアップのサポート等を受けられる期間)を短縮したり、小規模保育園向けのパッケージを利用したりすることで、園の予算に合った導入費に抑えることもできます。詳しい価格帯についてはお問い合わせください。



【「園-SiEN」の概要まとめ】

システム名園-SiEN
導入に必要な条件なし
初期導入費用園児管理システム900,000円/登降園管理システム600,000円(税別)
※セット導入の費用は1,500,000円
月額なしだがオプション機能を利用する場合には別途必要
無料体験要問い合わせ

まとめ


「園-SiEN」の概要と導入メリットなどについてご紹介しました。株式会社サーヴは「園-SiEN」のほかにも、社会福祉施設向けの給与計算システムや給食管理システムなどの提供を行っています。また、ホームページの制作やサーバーの管理を依頼することも可能です。

保育園業務のIT化をお考えの方は、一度資料請求を行ってみてはいかがでしょうか。


参考サイト

株式会社サーヴ「園-SiEN 園児管理システム」(2017年7月25日,https://www.serve.jp/product/s_enjikanri.html)

この記事が良ければ「いいね!」

タグ一覧

この記事を書いた人

保育園支援ナビ編集部

保育園支援ナビ編集部

株式会社ウェルクスが運営する保育園支援ナビの編集部です。保育園や幼稚園に役立つ情報、取材記事を発信していきます。 https://hoiku-service.jp