PC初心者でも簡単!総合保育支援システム「桜」

作成日 2017/07/25 更新日 2017/07/25保育園支援ナビ編集部保育園支援ナビ編集部 

総合保育支援システム「桜」は、情報共有を円滑にし、日常業務を軽減してくれる保育園運営サポートシステムです。

今までは手書きで行っていた管理業務をシステム化し軽減することで、保育の質をあげることができるだけではなく、ひとりひとりの子どもに向き合う時間を確保することができます。

今回は、保育園向けの桜システムをご紹介します。


総合保育支援システム「桜」とは


総合保育支援システム「桜」は、よりよい園の運営を強力にサポートしてくれるシステムです。

保育士さんたちの日常業務を支援してくれるだけではなく、園の状況分析にも使うことができ、情報共有やデータ連動にも対応しています。桜システムは、現場の保育士がテストを行い、改良や修正を行って完成しました。

・操作性がしやすい

・可愛いデザイン

・見やすい画面構成

の3つのポイントがあり、「システムを導入しても使いこなせない」という課題にも向き合っています。 

中でも操作性に関しては、ほとんどがマウスのクリックがメインなので、わかりやすくて簡単です。


3タイプの「桜」が園の運営をバックアップ


「桜」にはインストール版とクラウド版があり、園内や園外との連携や情報共有を円滑に行うことができます。

また、保育園・幼稚園・認定こども園の3つのタイプがあり、的確なバックアップを行ってくれるのが嬉しいポイントです。


保育園向けの「桜」

新保育所保育指針に対応した保育園向けの「桜」は、各計画書や指導要領の文言から計画の応用作成を行うことができるだけではなく、義務化されている保育士児童保育要録も標準搭載しています。

園児チェックシートや保育士チェックシートを活用することで、今の保育の振り返りを行うことができるだけではなく、俯瞰的に子どもたちを理解することができます。

そして、園児の個人台帳をデータ化することで、緊急時により迅速な対応をすることができるようになります。また、食育指針を搭載しており、食育に関する計画の作成にもピッタリです。

・保育指針準拠の各種計画書

各種計画書はインストール版・クラウド版ともに使用が可能です。

専門の保育大学教授が協力して作成しました。

計画書はExcelで出力することができ、画像の挿入などにも対応しています。

また、入力した文章を「凡例」に登録できるので、他の計画作成時に「引用」することで、作成の手間を省くことができます。

幼稚園向けの「桜」

幼稚園教育要領に対応した「桜」は、保育園向け同様、計画作成に活用できるだけではなく、日常の業務の軽減にも活躍してくれます。

タッチ出欠を玄関に設置することで、出欠をとるだけではなく、延長保育や預かり保育などの請求にも連動し、請求の手間を省くことができます。

そして、「桜めーる」の機能を活用することで緊急連絡の一斉送信ができるだけではなく、予約機能を活用することでバースデーメールの配信も可能です。

認定こども園向けの「桜」

「桜」は、業界初となる「保育園・幼稚園混合システム」を導入し、幼保一元化を実現させる「幼保一体型教育課程」を実装しています。

保育指針の内容でうたわれている発達過程を参照しつつ、幼稚園教育要領に沿って計画書が作成できる優れものです。

リスクマネジメントにも効果を発揮し、園内での事故やヒヤリハットをグラフ分析する機能を備えているので、子どもたちの安全により配慮することができます。


「桜」3つの注目ポイント!


先ほど桜の多彩な機能をご紹介しましたが、他にも「桜」には沢山の機能があります。

中でも注目したい3つをご紹介します。


あやふや検索で確認ができる!

キーワードで検索をする「あやふや検索」では、兄弟・姉妹で発表会の出し物が同じにならないように、3年前の発表会の内容を検索することができます。

運動会の曲や、合唱の歌も、あやふや検索を活用することで、事前に確認することができるのです。キーワードがピッタリ合っていなくても、あやふやな言葉から検索を行えるのがうれしいポイントといえます。

豊富な帳票に対応

児童票だけではなくラベル印刷や園児の誕生日一覧など、豊富な帳票のテンプレートを完備しています。また、独自帳票の相談も受け付けていますので、すでにあるテンプレートを活用したい場合にも対応が可能なケースもあります。

園全体での情報共有に活用することができ便利です。

相談・苦情管理

クレーム対応は、保育園の運営を円滑に進めるためにも丁寧に行いたいものです。「桜」では、保護者からの相談や申し出の内容を記録し、キーワード検索で過去の経過などを検索して迅速な対応をすることができます。

蓄積された記録をもとにして、年間発生件数の推移表を出力することもできるので、ミーティングで活用したり、掲示を行って周知したりと多彩な活用を行い、トラブルの是正や予防にいかせます。


「桜」の導入


「桜」を開発している株式会社エステムの本社は大阪府にあり、「大阪府下導入ユーザー稼働率No.1」のシステム会社をうたっています。システムを導入したら終わりではなく、きちんと使えるようになるまでサポートがあるのです。

パソコンの初心者でも、マウスの使い方から丁寧に指導をしてくれるだけではなく、導入時から数回に分けて講習があります。また、トラブル発生時には電話でのサポートだけではなく、遠隔操作によるリモートサポートを受けることができるので、PCに疎い方でも安心です。

機能の追加によるバージョンアップや、新制度・法改正に伴うバージョンアップにも対応しています。


システム名総合保育支援システム「桜」
導入に必要な条件非公開
月額非公開
無料体験非公開

※)推奨スペックはサーバに関しては「Pentium(3.0GHz以上)/メモリ:4GB以上」とされていますが、クライアントPC1台でも導入が可能です。


まとめ


多彩な機能と手厚いサポートが魅力の桜システムをご紹介しました。

園の運営をサポートしてくれるシステムはたくさんありますが、PC初心者でも使いこなせるようになるのは案外ハードルが高いものです。

簡単な操作性と、丁寧なサポートが魅力の桜システムで、業務効率化をはかって、子どもと向き合う時間を確保し、ゆとりある保育を実践してみませんか。


参考サイト

保育指針対応ソフト「桜システム」(2017年7月25日,http://www.sakurasystem.net/)

株式会社エステム「保育園のお客様」(2017年7月25日,http://www.estem-web.com/hoiku.html)

この記事が良ければ「いいね!」

タグ一覧

この記事を書いた人

保育園支援ナビ編集部

保育園支援ナビ編集部

株式会社ウェルクスが運営する保育園支援ナビの編集部です。保育園や幼稚園に役立つ情報、取材記事を発信していきます。 https://hoiku-service.jp