簡単操作で登園管理!登降園タイムレコーダー「TKE-1 Mint」

作成日 2017/07/25 更新日 2017/07/25保育園支援ナビ編集部保育園支援ナビ編集部 

保育園の業務を効率化するために、園児の登園や降園の管理の一元化が欠かせません。多くの園児の在園状況を一括で管理することができる「TKE-1 Mint」は、園児や保護者がカードをタッチするだけでリアルタイムな時刻を記録できるタイムレコーダーです。

そこで今回は、簡単操作で登降園管理が可能となる「TKE-1 Mint」の概要を特徴ともにご紹介しましょう。


登降園タイムレコーダー「TKE-1 Mint」の概要


株式会社ORBが提供する「TKE-1 Mint(テイクワンミント)」は、一台のみの設置で登園・降園の記録を履歴として一括保存できるカード認証型のタイムレコーダーです。園児や保護者の情報が入力されているカード認証も同時に行い、リアルタイムな在園状況を把握することができます。

「TKE-1 Mint」に記録されたデータは、LANケーブルで接続された管理用のパソコンに送信され、利用目的に合わせて編集や加工することが可能です。最大で100,000件のデータを本体に保存できる上、万が一の停電でも本体内に保存してデータを守る機能が搭載されています。

設置工事やシステム維持費が必要なく、管理ソフト(SD-R)が付属される「TKE-1 Mint」本体を購入するだけと低コストな導入費用が魅力のひとつです。「TKE-1 Mint」は、保育園経営の効率化とコスト削減を同時にかなえる登降園管理システムと言えますね。

【TKE-1 Mint製品仕様】

・対応カード:FeliCa」または「MIFARE」

・登録可能カード数:50,000枚

・履歴保存数:100,000件


「TKE-1 Mint」の特徴


カード認証型の登降園タイムレコーダー「TKE-1 Mint」の特徴をご紹介します。

付属の専用ソフトで登降園の一括管理が可能

「TKE-1 Mint」に付属されている専用ソフトで、園児の登園や降園の打刻データを一括で管理することができます。カード情報の登録や削除はもちろん、打刻データを自動で集計する優れた機能を搭載しているのです。

例えば、在園時間を基にした延長保育などの時間を登降園の打刻データから割り出し、園児毎の記録として保存します。パソコンの管理画面では、一覧表として確認することが可能です。「TKE-1 Mint」表示される電子時計の時刻は、管理パソコンの時刻と同期しているため、時間のずれの心配がありません。

また、打刻忘れは色別で表示され、ひと目でわかる仕組みになっています。管理画面は、パスワードでブロックされるセキュリティ機能を標準で搭載しており、情報漏れや不正書き換えなどの心配もありません。

非接触ICカードに対応

「TKE-1 Mint」は、非接触ICカードである「FeliCa」または「MIFARE」に対応しており、軽くカードをかざすだけで打刻データが記録される優れた特徴があります。利用していたカードを無効にすることで再発行が可能となるので、万が一の紛失にも備えられますね。

登録しているカード情報の紐付けが可能

カード情報は、園児一人に対して複数の送迎者の登録を行う紐付けが可能となります。つまり、メイン登録者の母親とは別に、父親や祖父母などを送迎者として追加登録できるのです。記録される打刻データには、登降園の時間とともに紐付けされた送迎者の情報が記録されます。

LEDディスプレイの表示画面

電子時計の上下には、色別に変化するLEDディスプレイが表示されるため、登降園の状態をひと目で判別することができます。登園時は上側のLEDが緑色に点灯し、降園時は下側のLEDが緑色の点灯に変わります。また、打刻のエラーがあった場合は、上下のLEDが赤色に点灯するので、すぐに対応することが可能ですね。

設置場所が自由自在なスタンドを標準装備

「TKE-1 Mint」の付属品として、専用スタンドが標準装備されています。カードタッチがスムーズに行える適度な角度を保てる上、玄関カウンターの上など設置場所を自由に選ぶことが可能となります。タイムレコーダーのための新たな場所の確保が必要なく、導入からすぐに活用できることも「TKE-1 Mint」の魅力のひとつです。

ドアコンロローラーと連動可能な機能を搭載

電気錠で入退室者を制限するORBドアコントローラーと「TKE-1 Mint」は、連動することが可能となります。保育園のセキュリティ対策には、部外者や不法侵入者の防止が必須の課題です。「TKE-1 Mint」にカードをタッチすると同時に、電子錠が解錠するシステムの導入は、セキュリティ性をさらに高める効果が期待できます。ドアコントローラーの設置工事費用が別途発生しますが、検討する価値はあるのではないでしょうか。


「TKE-1 Mint」導入のメリット


「TKE-1 Mint」を導入する最大のメリットは、保育園経営の効率化を含めて保育士の業務軽減が図れることです。打刻データを自動集計する機能によって、在園する園児の状況を管理画面で正確に把握できる上、出欠簿の作成や出力がスムーズとなります。

さらに、複雑になりがちなシステム構築を必要とせず、本体機器の購入費用のみなので月額利用料金も発生しません。導入コストを心配することなく、簡単に設置することが可能です。

また、オプションで提供される「お知らせメール機能」は、園児の登園状況や行事予定、連絡事項をメールで送信することができる機能です。お知らせメール機能には、「登園通知メール機能」と「連絡事項通知送信機能」があります。園児の登園状況や保育園の予定を携帯電話やスマートフォンですぐに確認できるため、保護者の安心感を得ることができるメリットが期待されます。


「TKE-1 Mint」の導入費用


「TKE-1 Mint」の導入に必要な費用は、基本的にタイムレコーダーの本体購入費用のみとなります。ただし、オプションのお知らせメール機能の追加や、ORBドアコントローラーの設置には、別途費用が発生します。


システム名 TKE-1 Mint
導入に必要な条件 特に無し
初期導入費用 本体価格498,000円(税抜)
月額 0円
お知らせメール機能オプション料金 98,000円(税抜)

まとめ


登降園タイムレコーダー「TKE-1 Mint」は、園児の在園状況を正確に把握し、登降園管理を一括で自動集計する優れた機能を搭載しています。管理用のパソコンと本体をLANケーブルで接続するだけで、誰でもすぐに利用することが可能です。

「TKE-1 Mint」を提供する株式会社株式会社ORBでは、導入に関する質問や問い合わせに専門家が丁寧に対応してくれます。保育園業務の効率化と保育士の仕事を大幅に軽減させるために、「TKE-1 Mint」の導入を検討してみてはいかがでしょう。


参考サイト

登降園タイムレコーダー シリーズ「TKE-1 Mint」(2017年7月25日, http://www.orb.co.jp/cr/products/tke-1.html)


この記事が良ければ「いいね!」

タグ一覧

この記事を書いた人

保育園支援ナビ編集部

保育園支援ナビ編集部

株式会社ウェルクスが運営する保育園支援ナビの編集部です。保育園や幼稚園に役立つ情報、取材記事を発信していきます。 https://hoiku-service.jp